ウエディング装花の選び方

結婚式の演出に欠かせないものの一つが、装花です。花嫁はもちろん、会場を彩ってくれる花の演出は、とても大事なものとなります。式場には、専属のフローリストがいますが、一部、持ち込みできる会場などもあります。いずれにしても、自分のイメージが伝わるようにウエディングの花に関して、さまざまなことを知識としていれておくといいでしょう。まずは、花嫁のスタイル、会場とともに、全体のコンセプトを決めてから、花の形、色、素材を選んでいくことが大事ですよ。花びらがフリルのような形であれば、エレガントさを出すことができますし、小花を多く取り入れればかわいらしく、実物や葉をふんだんにとりいれればナチュラルになります。コンセプトキーワードを決めることで、花や小物などの選び方も明確になります。

また、リボンやレースなど、花とミックスさせる副素材の材質感も演出を左右するものです。花がひきたつためには、どんな素材を使ったらいいかをフローリストにアドバイスを受けながら選んでいくといいでしょう。そして、季節が限定されているガーデニアやすずらん、アジサイなどは、アーティフィシャルフラワーやブリザーブドフラワーを上手く活用すると、開花の時期を気にせずに大好きな花を使用できますよ。

どんな色の花を使えばいいのか

同じ花の種類でも、色々な色味をもっていることがほとんどです。ウエディングによく使用される色といえば、白ですが、白は何かの始まりや純潔を表しているため、伝統的に結婚式で使われてきた色です。古代の神話では、神々や世界の光として城がイメージされることが多く、明るく美しい未来を象徴するような大切な色でもあります。また、次によく使用されるのが、ピンク色の花です。花嫁が幸せな気持ちに包まれ、気分が高揚して頬を染めるイメージを持つ淡いピンクは、愛らしく、ゲストを優しい気持ちに導いてくれるでしょう。加えて、鮮やかなバラ色のピンクは甘美なイメージで、女性らしく人気のある色味になりますよ。

さらに、サムシングブルーの淡いブルーも人気です。忘れな草は花言葉も真実の愛です。忘れな草に関するヨーロッパに伝わるエピソードは、水辺に咲く忘れな草を摘んでいた恋人が流されてしまい、最後に自分を忘れないでほしいという言葉を伝えたという悲恋ですが、ロマンティックというコンセプトを表現する際に、このような淡いブルーの花が使用されることが多くありますよ。色や形、素材などが決まったら、ラッキーモチーフなども取り入れながら演出を盛り上げていきましょう。

関西の中心都市ということもあり、大阪の結婚式場は空港からのアクセスの良さや、駅から近い立地の良い式場が多いです。